雨宮美奈子、ももいろ革命

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夫のちんぽが入らない、こだまさんの本を読んでの感想やらなんやら

いきなりだが、夫のちんぽが入らない。

 

そんな衝撃的な書き出しで始まる物語を読んだ。

その名も、「夫のちんぽが入らない」。

 

夫のちんぽが入らない

夫のちんぽが入らない

 

 

こだまさんという主婦の方による、20年を描いた実話である。

 

Twitterを眺めていると評判がよく、今日は銀座の本屋に足を運ぶと今週の人気本と書かれたコーナーの中に最後の1冊としてひっそりと佇んでいた。買おうか、買うまいか。正直、ちょっと躊躇した。

なかなかの題名のわりにやわらかな装飾の表紙で、なんとか手にとることができる。それでも恥ずかしい人は文明の利器、Amazonで注文しよう。

 

さて、性的な関係をもたずに、ひっそりと兄妹のように生きていく夫婦生活を描いた本作は、リズミカルでブログの文章のいいところをぎゅっと凝縮したきれいな文体だ。本が苦手なひとでも、エッセイのように、ブログのように、ぱっと読了できる一冊だと思う。

これを書いたひとは、頭のよいひとなのだ、と瞬間的に分かる本だった。

 

他の男性とは問題なく出来てしまうのに、なぜか夫のちんぽだけが入らない。

その理由はわからないままに、20年。ひっそりと、その切実な事実に向き合いながら、ときには目を背けながら生きていく、夫婦の壮絶な精神的プロレス劇が描かれている。

妻には気づかれないようにと思いながら行動する旦那は、妻が風俗のポイントカードのスタンプを日々こっそりと数えていることを知らない。

 

ぐでぐで、だ。正直この作者であるこだまさんは、この夫婦は、ぐでぐでの人生だ。

思いどおりにいかないことばかりの人生なのに、予想以上にぐでぐでに、思い通りにいかない。その切なる苦しみをふつふつと軽やかな文体で描かれてしまうと、読んでいるこちらは笑いながら肩透かしをくらう。

 

世の中は皆、思った以上に泥臭い戦いを全員がしている(と、わたしは信じたい)。

わたしの人生も、わたしと結婚してくれている夫の人生も、ぐでぐでな部分だらけだと思う。ちぐはぐで、滑稽で、泥試合。作者と同じ。そんなことばかりだ。

 

わたしは、経済的な事情もあって行きたかった大学には行けなかった。もっと前の話ならば、日本語が不自由なことをいじめられたし、スクールカーストにもがき苦しんで卓球部という地獄にいた学生時代はロクな思い出がない。

社会人になってから、少し視界は開けたけれど、何度も身体は思い通りにいかなくなるために、通院、通院、通院。小さい頃に思い描いていた社会人にはなれていなくて、フリーランスの物書きとして浮き沈みのある給与明細を見つめている。ボーナスの貰える人生、どこに置いてきたっけ。みんな、こんなふうに、理想と離れていっているんだろうか。

 

テレビCMでマイホームのCMが流れる。

あたたかなリビング、仲良しな家族、走り回る犬、ちょっと小洒落た庭、母の微笑み。きっと収入も安定しているのだろう。快適な住まいを建てよう、と呼びかける。

いやいや、しかしそんな理想的な家族はこの世にはいない(と、わたしは信じたい)。

 

でも、それが普通で、目指すべきもので、憧れるべきもので、完成形だとわたしたちはなぜか信じて疑わない。インターネットやらなんやらで視界が広がった時代が来たとはいえ、やっぱり結婚は男女が前提に作られているし、子供は生むべきで、生涯独身の人は「ちょっと変な人」認定されるのが事実だ。

その世界線に生きてしまっているわたしたちは、その事実から目を背けられない。普通に生きようと、してしまう。普通って、普通のことなんだもの。

 

こだまさんのこの本は、そんな世界にそっと寄り添って、まあほら、そもそもわたしは夫のちんぽが入らないしさ、と慰めともなんともとれない言葉を投げかけてくれると思う。こんなふうにもがいているんだよ、と淡々と教えてくれる。

 

ちんぽが入らない。

メーデー、そう、SOS。

これは笑い事ではない。

 

夫は他の女性とはうまくできるし、妻も他の男性とはできる。なのに、2人では、できない。夫婦生活の上でこれ以上大きなことが、あるのだろうか。

 

本を読み終えて、じゃあ、とふと考えてみる。

もしも、わたしに夫のちんぽが入らなかったならば。

それはまるで兄と妹のように、老人の夫婦のように、ひっそりと息を潜めて、性的なものだけを抜きにして寄り添う、聖なる関係になれるだろうか。

 

なれる、と思う。

笑い合いながら、日々を過ごす。ときに相手が苦しめば、手を差し伸べて、向き合って、支え合って、どうにかこうにか二人三脚、生きていく、のだろう。

風俗のポイントカードを見つけて、ばかじゃないの、ちゃんと隠しておいてよ、と叫びながら号泣して大暴れして、家の中に何発も爆弾落とし放題の世界大戦が勃発して、でもわたしは一晩眠ったらちょっと不機嫌な顔をして旦那のためにコーヒーをいれているのだろう。

 

ちなみに惚気けるが、わたしは夫が好きだ、たまらなく好きだ。

男性的な魅力にひかれているし、それはどこかセクシュアルに感じているし、でもそれとは別に才能がいっぱいで、兄のように、先輩のように慕っている一面もある。

だから、きっと、大丈夫。うん。大丈夫。

 

、、、、いや? 待てよ。

ううん、きっと、大丈夫じゃない。

うん、ああ、ダメだ。ダメかもしれない。

いや? なれる、大丈夫、きっと、うんうん、大丈夫。

 

そんな気持ちを何度も往復しながら、やっぱりわからない、わからないままだわ、と本を閉じる。当事者じゃない。当事者じゃないのだもの。

でも、近いものを日々の生活に葛藤に感じることはある。だから、全部じゃないけど、部分部分で、きっと近い思いをしているのだろうとちょっぴり理解できる。

 

少しキツい表現をすると、先ほど言ったような「理想のマイホームに住む家族のCM」みたいな生活をしているひとには、まったく響かない本なのかもしれない。(そんなひとがいれば、だけど)

 

Instagramにオシャレで綺麗な生活しかのせないひとばかりのこの時代において、本当にすべてが★キラキラ★素敵ライフ★に生きられているのだとしたらば、この本がこんなに売れている理由が説明できなくなってしまう。

わたしたちは、何かの完成形を目指してしまう。苦しい。そんなときに開いて、ちんぽか、ちんぽが入らないのか、と言いながら黙々と読んでみるといいかもしれない。

 

たぶん、きっと、笑いながら泣いてしまう。

痛切な叫びが込められた一冊に打ち震える。

でも、ちんぽ、ちんぽと思わず連呼してしまう。

そして、こちら側からこだまさんに寄り添いたくなる。

 

そんな、一冊なのだ。

 

夫のちんぽが入らない

 

 

 

www.minako-amamiya.xyz

 

コスパ最高!元エルメスのデザイナーによる「ユニクロ」Uniqlo U

ファッション お知らせ

ユニクロが以前から行っている、元エルメスのファッションディレクターであるクリストフ・ルメール氏とのコラボライン。

その名も「Uniqlo U(ユニクロ ユー)」の先行販売会に本日行ってきました。(一般発売は明日の2月17日金曜です!)

 

コンセプトは?

 

f:id:areyoume17:20170216223837j:image

 

コンセプトは「究極の普段着」。

以前のルメールとのコラボでは、特にメンズもので良質なものがザクザクと発見されたので、うちの旦那は今回も楽しみにしていたわけです。(今日はそれに付き合ってきました) 

 

f:id:areyoume17:20170216223829j:image

 

クリストフ・ルメール率いるデザイナーチームがパリのアトリエからお届けする、ベーシックな服に革新をもたらすコレクション。 新しい素材や最先端の技術を取り入れ、他にない服のかたちを探求することで、 わたしたちの服を新しいベーシックへと創り変えていく。
Uniqlo U   それは、ユニクロが目指すLifeWearの未来。 

 

もちろん、レディースの色使いもパリ発らしい繊細な色味がたくさん。

 f:id:areyoume17:20170216223850j:image

 

個人的にはこのグリーンがかったグレーがかなりツボ。 

 

f:id:areyoume17:20170216223901j:image

 

日常使いに華をそえてくれるラインナップがズラリ。

 

f:id:areyoume17:20170216223736j:image

 

やっぱりルメールコラボは、スリッポン!

前回バカ売れしたスリッポンの後継デザインらしきものも発見。(キャンパススリッポン)

サイズ展開は28センチまであるので、カップルでおそろいにも。前回は白も売れたけど、やっぱり黒じゃないと汚れちゃって落ち着かないかも?

 

f:id:areyoume17:20170216223754j:image

 

男性ものではこんなシューズも。お手頃価格なのにデザイン性を感じるので、コスパはかなりよさげ。

 

f:id:areyoume17:20170216223802j:image

 

全体的に、全開のルメールコラボよりも値段が下がっている印象。

 

f:id:areyoume17:20170216223914j:image

 

銀座店では12階のスペースを全面的にこのブランドコラボのスペースにしているので、ゆっくりたっぷりとチェックするなら銀座店がかなりおすすめです。

 

そのほか、店内の様子

 

f:id:areyoume17:20170216223731j:image

 

f:id:areyoume17:20170216223811j:image

それにしても、シンプルイズザベスト。

奇をてらっていないようで、細部に小細工がみられるものが多く、ちょっと粋なデザインばかりでした。

 

f:id:areyoume17:20170216223746j:image

 

 マネキンでコーディネートを見せてくれているので、その場にあるアイテムでズラッと揃えるのも簡単。

 

自分自身のブランドである「ルメール」に集中したいと行ってエルメスを去ったルメール氏の細部にまでわたるこだわりを、お手頃プライスでわたしたちも楽しめる「Uniqlo U」はヘビロテアイテム天国。

 

見に行くのが難しいというひとには通販もあるので、是非チェックしてみてはいかがですか?

 

 

ワインと言えばフランス? いやいや、日本ワインが絶対美味い(しかも安い)

今更ですが、年末に「勝沼ぶどうワイナリー駅」という場所に行ってきました。

(ちなみに結論から言うと最高だったので、ワイナリー観光や試飲が楽しいので皆さんも行くべき!もちろん公共交通機関で!)

 

初めて聞いたときは「どこだそれは?」と思ったのですが、栃木県にあるぶどう作り、そしてワイン作りが盛んな素敵な場所なんだそうで、ずっと気になっていたシャトー・メルシャン(日本ワインを牽引する、ワインの老舗ブランド)さんにご招待いただき、伺うことができました。

 

そもそも日本ワイン(国産ワイン)って?

ワインというと、ついついフランスやイタリアを頭に浮かべがちですが、ノンノン。実は日本にも(140年ほどという思った以上には)長いワインの歴史があるのです。

日本ワイン、というときの定義は「100%日本の国内産のぶどうで、日本国内で醸造されたワイン」です。つまり、マジの純国産。ぶどう畑も、醸造されるための樽も国内にあるということ。

日本各地にはいくつか産地がありますが、山梨、北海道あたりは結構有名な感じです。140年前に2人の青年がフランスへ行って、まだそのままぶどうを食べるだけの時代に、日本にワイン作りを持ち込んだのだそう。

 

ということで、今回はそんな日本ワインの原点とも言われるシャトー・メルシャンの畑に行ってきました。

まるで南フランス?という気持ちになるような綺麗な風景。

 

f:id:areyoume17:20170118082113j:image

 

このぶどう達が未来のワインになるのか、と思いつつ、一粒つまみ食い。甘酸っぱくていくらでも食べられそうなほどに美味しい、ちょっとワインにするのがもったいないような気持ちにまでなっちゃうぶどうです。

 

f:id:areyoume17:20170118082145j:image

 

電線が写り込んでいるのが、ある意味ちょっと日本っぽい。

 

つまみ食いするわたし。テンションが上がるぞ〜〜〜〜〜〜!

f:id:areyoume17:20170118082214j:image

 

もちろんここはワイナリー。しっかりと樽なども見学させてもらいました。

 

f:id:areyoume17:20170118082248j:image

 

ひんやりとした温度や湿度が調整された空間に、ずらっと並ぶワイン。ああ、ワインのプールで泳ぎたい…飲みながら溺れたい…。

 

奥のワインセラーには、こんなレアなワインも。1934年のワイン! 1934年ってヒトラーがドイツの総統になった年ですね(世界史大好き)。時代を感じます。

 

f:id:areyoume17:20170118082406j:image

 

で、いざ飲んでみると?

実はメルシャンのワインは、何度か飲んでおり、プライベートでも大好きなワインなのです。

 

シャトー・メルシャン 山梨甲州 750ml

シャトー・メルシャン 山梨甲州 750ml

 

 

特にこれ!
白ワインの山梨勝沼甲州は、手頃で美味しい白ワインの代表選手。しっかりと旨味が強い辛口ワインで、魚介系の料理やパスタやパエリアにいくらでも合う感じ。

 

正直、そのへんの白ワインよりよっぽど美味しくバランスが取れています。が、お値段は2000円を切るという素晴らしさ。意味不明な外国の安ワインを飲んじゃうくらいなら、こだわった国産ワインを手土産にホームパーティーに持っていくほうが個人的にはオススメです。
(もちろん外国産でもコスパ最高のいいワインはいっぱいあるんですけどね、、、、悩ましい)

 

赤ワインはちょっと重いし、飲みにくい。苦手かも、、、

そう思ってる人は、ちょっと騙されたと思ってこちらをどうぞ。

 

 

日本固有の種類のぶどうから生まれた、 果実の甘さや美味しさを感じるワイン。赤ワインがあまり好きじゃないかも、と思っていたお子様舌のわたしを変えてくれたワインです。このワインをきっかけに、他のワインも飲めるようになっていきました。

こちらはさっきよりちょっと高いですが、それでも3000円を下回る手の届くプライス。充分普段から飲める価格で、ありがたい。

 

女子会に持っていきたい、というならインスタ映えするこちらのロゼもおすすめ。今紹介したものと同じ日本で発明されたぶどう品種を使ってます。

 

 

ちなみにここまで紹介したものは、いわゆるスタンダードラインという手の届きやすい価格帯。正直、この価格帯でも「え?」というほど美味しいです。ほんとに。

 

が!
両親へプレゼントしたい、記念日、などのちょっと大事な時などには、価格帯高めのラインもあるのがメルシャンの強み。

 

 

例えばこちらは1万6千円ほど。確かに安くはないかもしれませんが、ちょっと贅沢なものをプレゼントしたいときには、他の同価格帯の外国産のワインと比べてもクオリティが高く、飲みやすく、美味しいワインじゃないかなと個人的には思っています。

日本の国産ワインだから、関税もないし!

 

ここまで読んでも「いやー、でもボトルで買って自分の舌に合わなかったら困るわァ」と思うそこのあなた。

わたしもね、ワインをボトルで買うなんてほとんどしなかった人間でしたので、いやーわかるよ、わかる、その気持ち。しかも日本ワインって、正直そんなに馴染みがないもんです。

 

なので、メルシャン直営のバル(これがマジで安くて美味しい)が六本木にあるので、そこでまずは飲んでみるのもオススメです。

シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バル

食べログシャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バル

 

 

ってことで、ワイン最高〜〜と改めて思った栃木県へのプチ旅行。

ワインで胃袋が満たされているので、気分転換に特急電車でプシュッ。 

 

f:id:areyoume17:20170118082326j:image

最後まで山梨尽くし。酒好きの旅は止まりませんな〜。

 

 

取材協力:シャトー・メルシャン