「お金がないのにスタバ」「麻薬は激安」「お米至上主義」〜フィリピンの若者の麻薬、売春、金銭感覚をセブで知る

フィリピンのセブに来ています、2週間ほどの海外出張もまだ前半。 日本ではリゾート地の印象しかないセブ島ですが、来てみればここはやはり発展途上国。前回のセブ滞在から引き続き、現地の人と少しずつ交友関係を持つ中で、まだまだ私の育った日本やシンガ…

ハーフのコミュニティを作りたい。国籍を捨てる相談にのったり、偏見に立ち向かうために

ご存知じゃない人のために伝えておきますと、私はいわゆるハーフです。(ハーフという名称がそもそもどうか、ミックスやダブルのほうがいいのでは、という議論もありますが、今回はこれが最もわかりやすい単語なので使います) 日本人の父親とシンガポール人…

セブには何を持って行く?持っていくものをまとめた、解説付き必需品リスト

セブ、それはバカンスにぴったりのリゾート! ……それは確かにそうなのですが、そうとしかイメージしないのは、実はセブに行ったことのない人。私も初めて行くまではそう思っていました。ハワイみたいなもんでしょ、と。 空港のあるマクタン島エリアには確か…

Panthere de Cartier 〜 カルティエが織り成すエレガントな世界《パーティーレポート》

カルティエが誇る、ブランドのシンボルとも言える『Panthere de Cartier(パンテール ドゥ カルティエ)』。 1980年代に誕生したパンテールは、官能的なデザインで次々と女性たちを虜にし、伝説を作り上げました。あれからおよそ、30年。その伝説は、現代に…

明日から2週間、セブ島に行ってきます

明日からジャスト2週間、フィリピン・セブ島に行ってきます。 またもや今回もお仕事で行って来るわけですが、今回は前回よりももっとセブ島のスポットなどを中心に取材して来る予定です。楽しみ! 2週間ひとりで海外に行くのは、自由で気楽だけども、なかな…

ありきたりな日常を、いかにドラマティックに仕上げようか

美容家の神崎恵さんという方の本に、こんなものがあります。 その名も、『日常をドラマティックにする方法』。 「日常」をドラマティックにする方法 作者: 神崎恵 出版社/メーカー: 宝島社 発売日: 2016/08/26 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る …

「ノマドなんて」と思っていたけど実際問題、家では仕事をサボりがち

今日はフリーランスになって感じたことを、ちょいとつらつら。 気がつけば、会社などへの所属をやめてフリーランスになって1年。 最初は「こんな小娘が独立したところで、もしかして誰も仕事なんてくれないんじゃないか」と心配ばかりしていましたが、それは…

「〜なのです。」を連呼する文章の読みにくさと、そこにある若い女の自意識

ズバッとしたタイトルで大変恐縮ですが、ちょっと最近感じているもやっとしたものを言葉にしてみようと思います。 文章の途中で「〜なのですが、」というような入り方をするのは、あまり違和感は感じないのですが(←こんな感じね) 文末最後で「〜なのです。…

友達と割り勘するだけでお金ゲット?想像以上に便利でお得すぎる「paymo」を利用してみた《ブロガーイベント参加レポ》

PR動画が超クール!ってことで、以前からインターネットで話題を集めていた、割り勘アプリの「paymo(ペイモ)」。 paymo (ペイモ) | わりかんを思い出に 見てみるとおわかりのように、こちらの動画はほぼワンカット(一発撮り)なのですが、やっぱりこれ、…

結婚記念日を迎えました

嬉し恥ずかし、気がつけば7月に入り、結婚記念日を迎えていました。 「あなたと結婚する、だから私、仕事を辞めて東京に行く」 不器用な私が、そう叫んでから早2年。 ついこの間まで「ひぁ〜。乗り換えって難しいなあ。オラ、東京に来たべ〜」と思っていたの…

読んで面白かった本や漫画いろいろまとめ、特にタラレバ娘を超える「恋のツキ」には悶絶しまして

「趣味は?」と聞かれれば、王道ながら「旅行と読書」と答える私は、隙あらば海外にふらっと消えますし、何もない日はずっと本を読んでいることが多いです。 多分一番読んでるジャンルは雑誌で、1日に必ず新しい雑誌3冊はまるっと読んでおりますので、週刊文…

インターネット越しに見える世界は全てじゃないのに

……はっ! いけない、いけない。 つらかった過去は変えられないけれど、できるものなら中学時代の自分には「信じられないことに、めっちゃ好みの才能溢れる男と結婚するから。多くはないけど、そのぶん深く付き合える素敵な友人もちゃんとできるから。何より…

いじめ加害者のことなんか知らないし感謝もしてない、私は幸せになるよ

昨日、Twitterでこんなツイートをしたら、多くの人にリツートされ、そしてコメントをもらいました。 中学時代に私をいじめていた同級生を思い出し、Facebookで検索してみたら『いじめを理由に自殺した中学生の両親、涙の訴え』みたいな記事をシェアしながら…