どんな夏を築く予定なのかい



今日は夏至だという。一年間で一番昼が長い日だという。

 

いつの間にか夏が来ちゃっていて、初夏が訪れていて、一年は折り返していた。
あっという間の日々が急ぎ足で過ぎていく、そしてここ博多にも梅雨が到来した。
 
そんなここ1ヶ月半ほどの間に、自分の中ではめまぐるしい速度で様々な出来事が通り過ぎた。VHSでピャーっと早送りする、3倍速ぐらいの体感速度。
 
たとえば新しい仕事を始めてみたり、恋人が出来たり、体調を崩したり、元気になったり。自分のやりたいこと、できないこと、そんな取捨選択が繰り広げられたり、自分のキャパシティを自覚したり。大切にするひとができたり。
こりゃもう、23歳でいちばん大きな気付きを得た1ヶ月だったかもしれない。
 
 
そういえばひとって(特に女性か)、自分には恋人ができたぜ!とやたらに良い報告はブログなんかに書きたがるのに、いざ別れたらそのことは妙に書きたがらないよね、ってことをふと思う。
あれ、格好悪いから、わたしは別れたら潔くすぐさまブログ書きますとも。それを今、ここに約束しておきましょう。その時は悪口めいっぱい書こう。ひゃっはー!ってなテンションでな。
 

 
さて、大学生活も終盤に差し掛かった。
自分の将来もなにもかも、ふんわりとしている。見通しなんてたっちゃいない。
3年生だった時にした外資系の就職活動も、大学5年生になっちゃったし遠く彼方の出来事のように感じる。
 
自分のしたい目標の為の手段として、いったん社会に出ることもきっと悪くない。そんな気持ちでのんびりと未来を見据え始めた。遅いことは自覚しているが、まあなんとかなるでしょう。しかし院試とかこわいよな、まったく。4年生の皆々様、傷を舐め合おうぜ。夜に語り合うLINEグループでも作ろうぜ。

 
夏はみんなはどんな予定を入れるんだろうか?
今年も阿波踊りへ行こうか、帰省する友人へ会おうか!
 
好きな人と好きな時間を、どんどんと鮮やかに築いていこうじゃないか。
どんな夏にしよう、と今からおしゃべりしてたいじゃないか。
 

そういうことをこれからも絶え間なくする為に、わたしは今日も自分のすべきことを丁寧にこなさねばと改めて自分自身に言い聞かせる。より真摯な人間であろうじゃあないか。
 
そして夏をどう築いていこうか、毎日のご褒美はすぐそこだ。