雨宮美奈子、ももいろ革命

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

成分表示を見て化粧品を選んでみたら。20代でも目尻のシワ、ほうれい線が気になるひとならコレです

美容にまつわるものであれば、注射でも鍼でも、なんでもかんでも試してきたわたし。

 

残念ながら顔の造形は簡単には変えられないけれど、せめて美肌にならなれるはず、と思いお肌のお手入れについては10代の頃から試行錯誤してきました。高いものも安いものも、勇気がいるものも挑戦しました。

 

最近では友人たちに「美容番長」と呼ばれ、ちょっとした相談なども受けることが多いです。(もはやお金とりたいレベルでめっちゃアドバイスしてる…)ということで、ついつい美容系の記事も多くなっていますね、このブログ。

 

で、最近20代の同世代の友人たちと話してると、意外と多いのが『目尻のシワが目立ってきた』、『どうしよう、ほうれい線がもう確認できる』といったもの。

よくよく見ると確かにあるんですが、ほとんどの場合は浅い感じの症状なので、手入れをすればすぐに戻るものが多いひとばかりです。

 

だいたいの場合は乾燥によるものなので、しっかり保湿してあげるのが重要なのですが、とにかく高いものをがっつりと重ねても意味はありません。

化粧品は、とにかくパッケージや宣伝にお金がかかっている世界です。(ここ大事!)

 

デパートの一階にお店を出すには、いったいどれだけの高いお金が必要でしょうか。コスメカウンターのお姉さんが何人もいますが、人件費はどれだけかかるのでしょうか。そのお金は、まわりまわって、いったい誰が払っているのでしょうか?

知名度よりも成分表示をしっかり見て、適切なものを肌に使うことが大事です。

 

成分表示を見て化粧品を選べるようになれば、肌は本当に元気に、きれいになります。そして何より、無駄な広告にまどわされなくなるので、お金の節約ができます。

肌がきれいになって、お金も節約できる。最高ですよ…!

 

と、話はそれましたが、20代の比較的まだ浅いシワにわたしがおすすめしているのは、こちらです。

 

ヒトプラセンタジェル(Placentrex Gel)

 

これはその名の通り、プラセンタのジェル。

以下、説明文を引用します。

 

ヒトプトセンタを含有するジェルです。

プラセンタとは、母親がお腹の中で、赤ちゃんを大きくするのに必要な栄養や、エネルギーを送ってくれる胎盤のことです。その胎盤に含まれる栄養素は、ビタミン、ミネラルをはじめとしてアミノ酸、タンパク質、脂質・脂肪酸、糖質など生命維持に必要なあらゆる物質を含んでいます。

 

特に多く含まれる保湿成分や、ターンオーバー(細胞の生まれ変わり)を促進するエキスが配合されているので、直接クリームをお肌につけることで、若々しい、張りのあるお肌に蘇らせます。更に、美肌効果(美白・シミ・ニキビ・肌荒れ・しわ・皮膚の老化防止・皮質作用・など)に欠かせない新陳代謝の促進やコラーゲンの生成や活性酸素の除去や血行促進などのさまざまな作用があります。又、お肌のタイプや年齢を選ばずに使用していただけますので、乾燥肌、荒れ肌、脂性肌や、若い方、お年を召した方などすべての方にお使い頂けます。 

 

プラセンタは、実は戦前から使われている歴史の長いもの。というかもっと遡っていいなら、クレオパトラの時代から使われています。

それはつまり、最近開発されたりした成分よりも長い歴史があるので、既に様々な効果が証明されたりしていて、なおかつ安全性が非常に高い成分ということです。今回ご紹介しているのは化粧品ですが、もしもプラセンタを注射で打てば、美肌などに抜群の効果がある他、元気になったりお酒に酔いにくくなったりという効果もあると言われています。安全性が高くて万能、なんです。

 

もちろん個人差はありますが、20代のシワくらいなら、洗顔後に化粧水を塗って、次にこのジェル塗るのがおすすめです。1本か2本を使い切る頃には、シワが気にならなくなっていると思います。(わたしはこれで小さなシワが消えました、あくまで個人差はありますがご参考までに)

ちょっとスーッとする香りがありますが、肌に伸ばせばすぐに気にならなくなります。

 

1本、1800円ほどです。

5本まとめ買いすれば、まさかの1本1000円ほど。

1800円なんてデパートだったら口紅一本も買えない金額ですから、ちょっと挑戦してみる価値はあると思います。

ヒトプラセンタジェル(Placentrex Gel)

 

 

ちなみに「化粧水の後につけるジェルはわかった。じゃあ化粧水は何がいいの?」と決められない人には、わたしはこちらをおすすめしています。

セザンヌのヒト型セラミド配合の化粧水!

 

セザンヌ スキンコンディショナー高保湿

セザンヌ スキンコンディショナー高保湿

 

 

そうです、まさかのセザンヌです。

 

安い化粧品でおなじみのセザンヌですが、意外と基礎化粧品が成分もよく、値段は安いのにコストの高い成分も配合されていたりします。これ、大きいボトルで700円です。ケチらずにどんどんたっぷりと使えると思います。

 

ヒト型セラミドが微量ながら配合されているのが特徴。刺激が少ないのに、角質層の保水力を高めてくれる成分です。(アトピーのひとなどにもおすすめです)この値段でこれを配合している化粧水は、他にはほぼないと思います。

 

肌の表面が潤っているだけの化粧水ではなく、奥底がぐっと保湿されている感じになるのに意外とさっぱりしています。(ということは、化粧水だけでなくその後に何か必ず塗る必要があるということでもありますのでお忘れなく)

 

個人的にはこの2つを塗っているだけでもいいんじゃないかな、と思います。さらに気になる人は、ニベアのクリームで蓋をすればいいんじゃない、くらいの感じです。

 

だいたい、20代の肌って結構元気なはずなんですよ。

高い化粧品で最初から最後まで丁寧にやってたら、肌は守られすぎてどんどん弱くなっていきます。毎日朝も夜もシートパックをしてたら、水分入れすぎで肌はふやけます。今はいいですが、30代、40代になったときに化粧品に頼ってなんとか成り立っているという肌になっちゃいます。良い化粧品は、将来の楽しみにとっておきましょう。

 

ちょっとテキトーに肌のお手入れをサボってたほうが案外きれいになるという、悲しい真実があります。実際わたしはかなりお手入れをサボることありますし、ファンデーションさえ塗りませんが(日焼け止めは必須!)、素肌には自信があります。

 

 

とにかく守っておくことは、「日焼けしないこと」と「保湿」だけ。20代のトラブルが少ないうちは、この2点だけを守っていれば、10年後、20年後の自分が「グッジョブ!過去のわたし!」と言ってくれるはずです。

 

化粧品はきちんと見極めれば、お金が節約できて、的確に効果のあるものに絶対に会えると思います。今回ご紹介したものは『あくまで個人的に効果があっておすすめのもの』です。もちろん個人差はあります、ご注意くださいね。