夫の仕事を自分のことのように自慢したっていいじゃない



突然だが、私の夫は優秀だ。

 

夫の能力をもしも栄養バランスのような五角形グラフで表現するとすると、それはもういびつな形になるわけだが、いくつかの秀でた才能がグラフの表から飛び抜けていたりする。

たとえば事務作業はまるでダメ。領収書の管理も請求書の確認もまともにできない人間のため、お金はあるのに支払いをし忘れて各所から怒られることがよくある(一度我が家のインターネット料金は未納で止まった)。

 

しかしながら、議論が行き詰まった時に「じゃあこれは?」と思いもつかなかった斜め上の目線を提案する能力は強いし、フィクションのノウハウも強い。

よって、夫は会社員なのだが、会社では夫にしかできないポジションで仕事を頑張っていると聞く。気がついたらちょっと偉くなっていたりした。

夫の部下などと会うことも多いのだが、彼らも軒並みその部分は褒めてくれるのでそれはどうやら確かなのだろう。(あくまでその部分「は」なので、皆様にご迷惑をおかけしながら成り立っているとは思います、皆さん今度菓子折り持っていきますね……)

 

だから私は、夫が自慢だ。夫の仕事も自慢だ。

「私の夫は、今度こんなに大きな仕事をするんですよ」と声高々に言いたくなるほどである。夫の具体的な仕事内容も、細やかに説明できる。うちの夫は優秀だし、仕事でも頑張っているのは事実だ。

本当に、自慢なのだ。

 

f:id:areyoume17:20170906141125j:plain

 

しかしながら、先日知人がこのようなことを言っていた。

「専業主婦の妻に多いのだけど、うちの夫が部長になったんですよ〜って自慢する人。あれって自分の手柄じゃないのに自分が昇進したかのようなテンションで話すでしょ? その手柄は夫のものであって、あなたのものじゃないのに、っていつも思うわ。夫のことしかあなたは自慢できることがないのかね、ってね」

 

有名大学を卒業したキャリアウーマンのその知人は、飲み終わったジュースの最後をズズズとストローで音を立てて吸い込みながら、それはもう不機嫌そうに語った。顔が少し、般若のようで怖かった。

 

なるほど、彼女の気持ちはわかる。というかそもそも、夫と妻は夫婦ではあるが、別人格の別の存在だ。にもかかわらず、彼女の言うように夫の手柄をドヤ顔してマウンティングしてくる専業主婦がいるのは知っている。

 

でも冷静に考えれば、その夫自慢をしたという人は専業主婦という他人の評価もほとんどなく、金銭的にも見た目には報われない仕事に従事しているわけである。他人に自慢するのは難しい存在であり、だからこそ夫の話ばかりになりがち、というのをキャリアウーマンのその知人は理解していないのかもしれない。

 

……いや、いや。ちょっと待てよ。

というのを抜きにしても、夫の自慢をしたって別にいいのではないか?

 

だって、自分が選んだパートナーなのである。結婚しなくてもいいというのに、わざわざ書類上の面倒臭い作業を経て、お互いの人生の相棒、相方のような存在として認めてるのだ。

 

漫才コンビで例えればわかりやすいかもしれない。

自分の相方が出世したら、それは素直に喜べないだろうか? たとえ自分は「出世してない方」と呼ばれたとしても、その相方が頑張ってくれたらそりゃ嬉しいもんじゃないか。または、悔しいと感じてメラメラと闘争心燃やすこともあるだろう。しかし、どう考えたとしても売れないよりはいいじゃないか。

 

私だったら、自慢だなと思う。

自分のこの目で見て選んだパートナーが出世したら、何か大きな成功をしたら、自分のことのように嬉しい。だからそういう自慢はしてもいいんじゃないかな、と思うのである。

「うちの夫が会社でこんな事業をやってね」という話も、逆に「うちの妻は家事がこんなレベルでこなせてね」という話も私は聞きたい。すごいね、と相槌を打ちながら、いい相手なんだねぇ〜とニヤニヤしたい。

 

もちろん、そのキャリアウーマンの知人が懸念していたように、パートナーの仕事でしか自分の価値を測れないような状態となれば、それはいささか危険だと思う。だがほとんどの人は、それをわきまえて発言しているのではないかなと思うのだ。

(うちの夫は部長で、あの人の夫は課長だから、うちのほうが上!なんて思うのが危険なのかなと。夫同士で本人が部長課長で競い合うのはご自由にだが、そのパートナーは別人格であるのだからそこに優越を感じたりしないほうがいいのでは、という話)

 

その線引きさえ誤らなければ、私はパートナーの仕事はドヤ顔で自慢したいし、こんなにやるから私も負けてられないのよね、という話もしたい。相手のそんな話も聞きたい。

私が自由恋愛の末選んだ、勝ち取った、とっておきの相手なのだ。とっても優秀なのだもの、ちょっとくらい、自慢させてくれよな。

 

 

www.minako-amamiya.xyz

 

www.minako-amamiya.xyz

  

www.minako-amamiya.xyz